大阪でプロのバレエダンサーを目指すなら?小さいうち学んでおこう!|Listen Music
HOME>注目記事>大阪でプロのバレエダンサーを目指すなら?小さいうち学んでおこう!

踊りだけで物語を表現できるダンス

バレエは劇に合わせて振り付けを踊り世界観を表現する独特のダンスです。踊る為には専用のシューズを履いて練習をする必要があります。バレエダンサーに選ばれやすいバレエシューズのランキングを作ってみました。

バレエダンサーに選ばれやすいシューズの特徴ランキング

no.1

靴底にソールがついているバレエシューズ

靴底にソールがついていると練習で何度も使って靴底が擦り切れないので壊れにくいです。バレエは何度も練習して振り付けを覚えなくてはいけないので、その分シューズも消耗しやすいです。耐久力が高い事から選ばれやすい為ランキングの一位にしました。

no.2

ゴム紐タイプのバレエシューズ

バレエシューズの中には紐の長さでシューズのフィット感を調整するものがあります。ですが、紐で調整するタイプだと練習をしている時に紐がほどけやすいので結びなおすのに手間がかかってしまいます。普通の紐の代わりにゴム紐だと足にフィットしやすく練習中も紐の結び目を心配する必要がありません。ですが、耐久力の高い一位のシューズの方がニーズが高いのでランキングの二位となりました。

no.3

紐で調整するタイプのバレエシューズ

紐タイプのバレエシューズは靴のフィット感を紐できつく結ぶ事によって調整します。自分の好みのきつさに調整ができますが紐だと何度も結び直しが必要になってしまうので一位や二位のランキングよりも順位が落ちてランキングの三位にしました。

バレエ

名門の教室があります

バレエを本格的に習うなら大阪や京都や兵庫は住むのにうってつけの街です。大阪にはバレエの名門教室があります。この教室には幼少の頃から教室に通うお子様が非常に多くいます。本格的に習わせたいならとてもお勧めです。この教室に通っていれば、本人の実力や技量にもよりますが、海外の大学やバレエ団に留学への道も開けます。海外への留学への道が開ければ、国内のバレエ団や海外でも著名な雑技団への入団の道も開く事が可能です。

衣装や小物など

大阪の心斎橋には全国的にとても有名なバレエに欠かせないレオタードや衣装を販売しているお店があります。このお店に行けばバレエシューズはもちろん化粧品まで何でも必要なものが揃います。化粧品やテーピングなどはお店のブランドの商品まで作っています。お店のオリジナルの化粧品やテーピングなどは耐久性や使用勝手も非常に良く、演技を行う人にとって非常に良いものとなっています。バレエに関わるものならここに行けば何でも揃います。

発表会のない教室

お子様を気軽にバレエ教室に通わせたいなら発表会を行わない教室がお勧めです。大阪には発表会を行わず実技だけを教えるバレエ教室もあります。発表会が開催されると、先生への謝礼などが発生する場合もあります。そのため、費用面を抑えて学ばせたいのであれば発表会のない教室を選ぶのが良いと言えるでしょう。

広告募集中